l21.GIF   r21.GIF
 
Webデザイン
ホームページ作成の前に
 
☆ サイトの見栄え

素人臭いってのが受けがイイって書きましたが、よく見かけるデザインの似たような構成のサイトよりも新鮮に観えるかも?って事です。
コンテンツではクリックしやすい位置や目立つ場所ってのはあります。
ウリの部分はそういう場所に配置しなければなりません。

≪Webデザイン≫
グラフィックデザインは苦手です。(笑)

扱う商材でデザインがほぼ決ってしまうでしょう。
でもその方が判り易いです。
奇をてらうより、セオリー通りが良いかと思います。

Webデザインも絶対に良いってものはありません。
サイト内の移動が判り易く、より少ないクリックで目的の場所へ訪問者を誘導出来れば良いでしょう。

悪いデザインは、やはり列挙出来ます。

◎ 何を扱っているのか(メインテーマ)が判らないサイト
◎ 移動と戻るが判らないサイト(誘導してない)
◎ 見た目で見難い、読み難いサイト(内容が伝わらない)

その他ではページの容量が重くて、表示時間がかかり過ぎるなんていうのもNG。
この辺は自身が利用者の立場に立てば判る事です。

サイトのページ容量については、近年のADSL等高速接続が普及した為に今後は事情は変わるかも知れません。

でも軽いページで文句をいう人はいません!

≪セオリー≫

 南多摩案内板  はセオリー違反です。

通常トップになるページ(※このページを本来はホームページと言うそうです)スクロースさせないか、しても1スクロールくらいって言われています。
もうちょっと減量可能なので努力が足りません。(笑)
※ 詰め込んでいる理由はもちろんあるのですが内緒です・・・

おかしくない範囲の違いはページの個性だと思います。
訪問者に数秒で滞在するか次に行くかの判断をさせるのがトップページの役目です。

好感までは無理でも、失望させてはいけません。
インターネットはワンクリックで次のサイトへ飛べます。
偶然訪問したゲストが再来訪する確立はゼロだと思います。

訪問者に必要な情報と判断され記憶の片隅に残り、サーチエンジンでコンテンツが上位ヒットするようになれば再訪問もあるでしょうけど。

良いデザインは、悪いデザインの反対ですから

◎ メインテーマが一目瞭然なサイト
◎ 誘導が良くされていて移動が楽なサイト
◎ 内容が判りやすいサイト

そうなのですが・・・
商品単品を1ページに仕立てて、それが最善かって言われると違いますよね。

☆ サイトの価値を上げる≪次のページ

 
l29.GIF   r29.GIF