l21.GIF   r21.GIF
 
Webデザイン
ホームページ作成の前に
 
☆ 流行るサイトの条件

絶対条件ではありませんが重要なファクターのひとつとしてコミュニケーションがあります。

商材が独創的で希少価値がある。
滅多にないと思いますが、こんな条件のコンテンツで商材に需要が実際にある場合は多少手抜きをしても販売は増加するかも知れません。

夢の話から現実に戻ります。
流行らないサイトってテーマなら容易に列挙出来ますね。

お店の紹介や案内状の変わりに作ったホームページなら例外ですが

◎ いつ訪問しても内容が同じコンテンツ。
◎ 問い合わせのメールや掲示板に、いつまで経っても返事が来ないサイト。
◎ 接客応対で好感の持てないサイト。
番外で極端に表示や作りが稚拙なサイト。

もうひとつ追加で、商用コンテンツを無料ホームページエリアに作っているサイト≪これは論外って感じですが!

≪流行るサイトの絶対条件≫
そんなものはありません!
あったとしても私は知りません。
※ 知っていれば、誰にも教えず自ら実践しています。(笑)

☆ 実際の店舗と同じです

流行っている食べ物屋さんがあったとします。
味が良いのは当然で、接客態度が良く店員さんも感じが良い。
おまけに早くて安いなんて事なら絶対に商売繁盛するでしょう。

Webのショップの場合は、接客応対が出来ません。
なので尚更に接客が重要なコミュニケーションになります。
店主や店員さんが目の前にいないのですから愛想笑いも出来ません。
接客で好感度をアップさせるとしたら訪問者にコンテンツの内容で好印象を与える事しかない訳です。

商店街に店舗を構えているより条件は不利です。
ホームページ自体は無料で閲覧可能ですが、インターネットに自宅から接続する場合の投資額を考えて下さい。

ウインドショッピングを楽しんでいる通りすがりのお客さんはネットには存在しません。
機材をそろえ、プロバイダのややこしいサインアップをして利用料を毎月払い・・・
十万単位の投資をしてネットに来ています。
『何か』を期待してホームページを渡り歩いている訳です。

何かは具体的な対象では有りません。

具体的な対象を抱いている訪問者は、訪れたサイトがニーズに合わなければ数秒で次のサイトへ移動します。

具体的な対象を、あなたのサイトで提示してあげれば訪問者は滞在してくれる訳です。

☆ 期待を裏切らない事≪次のページ

 
l29.GIF   r29.GIF